縹船シジマニアが連載していた『現代日本の彗星異能力キャラ文芸』、パスコメの世界観を載せたwikiです。二次創作は原作者として『縹』と書けばオッケーです!

 あの時のニュースは煩(うるさ)かった。
 みんな、中羽(なかば)に彗星が落ちたことしか報じなかったんだ。流石(さすが)にソファに座っていた木戸逆音の父さんも呆れていた。

 その時は茶髪だけが特徴の逆音(さかね)の家に着いてから、まだ半年くらいしか経っていなかった。だけどその時からホームステイ先のみんなは優しかった。

「外山さん、現場はどうなっていますか?」
「はい、絶望のあまり、細く鋭(するど)い木の棒で心臓を刺し、自殺したと思われる女子高生の死骸(しがい)が一つ……」

 あの頃は好奇心(こうきしん)旺盛(おうせい)な小学生だったけど、他局でも同じような内容ばかりで飽きた。テレビを見つつ、好きなポテチをいくら食べても、同じ塩の味しかしなかった。
 窓を開けても、いつもと同じように青い屋根が整然と並べられていた。結局は私という九尾(きゅうび)も変わらない日常の中にいたんだ。
 あまりにも内容が単調だったので、ベオでDVDを借りた。でも数日経てばこの騒ぎは収まると思っていた。

 だが違った。

 人々はこの事件の後、『何故か』異能力を手に入れた。異能力を手に入れた人間は、妖怪達を恐れなくなった。
 だから人間達は妖怪の里へと侵略(しんりゃく)を始めた。そして、手に入れた土地は開発した。今のホームステイ先の橋武(はしたけ)だってそうだ。お陰(かげ)で『ニュータウン』が爆発的に増えた。

 殆(ほとん)どの妖怪は、街で細々と生きる。
 私は、伝統に基づいてホームステイをし、地元に比べたら都会な方の町に暮らす。

 狐耳にはどんな音が聴こえるのだろうか? 私の束ねた髪はどんな風を受け取るのか?

 異常だけど日常な私たちの世界が、動き出す。

 ……、卒業式はつまらなかった。だからこそ少し楽しい日常にしていかないと。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

重要:アップデートのお知らせアップデート第一弾

今のおススメ記事

世界観

地域

貭河原市
君下市
浦山市
東丘市
鴨雪市
その他

娯楽

ゲーム

管理人/副管理人のみ編集できます

メンバー募集!